へバーデン結節

  • 指に痛みやこわばりがある
  • 指が赤く腫れている
  • 指に力が入りにくい
  • 指の第1関節が曲がっている
  • 指の第1関節が変形している

へバーデン結節とは、1番指先の関節の軟骨が摩耗することで関節が変形したり、曲がってしまい、痛みを伴う原因不明の変形性関節症です。

手の変形性関節症の中では最も多く、全ての指に起こる可能性があり悩まれている方も少なくありません。手をよく使う方や、中高齢の女性になりやすい傾向があることから、ホルモンバランスの崩れや、ストレスなども関係していると言われています。遺伝性も証明されてはいませんが、血縁者にへバーデン結節にかかった方がいる場合には、指先に負担をかけないように過ごしましょう。

第2関節に生じる類似疾患としてブシャール結節があり、関節リウマチとは異なる疾患です。

 

へバーデン結節を放置してしまうと? | 札幌市豊平区 福住整骨院

痺れがある人

へバーデン結節を放置してしまうと、関節の変形が進行し痛みが落ち着いてくることが多いです。しかし、関節の動きが悪くなったり、ミューカスシストと呼ばれる水ぶくれのようなものができたり、自分の指が真っ直ぐでないことを自覚するようになります。

指先に力が入りずらい、強く握れない、ぶつけたときに激痛が走るなどの症状がみられる場合はへバーデン結節の可能性があります。

へバーデン結節は早期から治療することが重要と言われています。

福住整骨院でのへバーデン結節に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

摩耗してすり減ってしまった関節の軟骨や骨の変形は完全には元に戻りませんが、痛みなどの症状は治らないことはありません。

福住整骨院では保存療法、テーピングなどを行い患部を安静に保つこと、痛みや熱感、腫れなどの症状がある場合にはアイシングで症状を緩和させていきます。

握力をつけるトレーニングも有効です。ただし痛みを伴う場合は逆効果ですので、痛みなどの症状を確認しながら、患者さんにあった方法を提案していきます。

施術前の確認

 

▲Page Top