半月板損傷

  • 膝の曲げ伸ばしが痛い
  • 歩行時の膝の痛み
  • 階段の上り下りが困難
  • 膝の曲げ伸ばしが出来ない

半月板とは膝関節にあり、大腿骨と脛骨(けいこつ)の間にある内側半月板・外側半月板とよばれる軟骨をさします。

関節の適合性をよくする

緩衝作用

滑液の分散

関節内圧の均等化

可動域を適正にする

といった働きがあります。

内側半月板内側側副靭帯と付着し可動性は少ない

外側半月板は外側側副靭帯と付着しないため内側半月板より可動性は大きいです。

 

半月板自体は血流が乏しいため中心側が損傷すると自己修復は困難のため手術が必要なこともある。

半月板損傷を放置してしまうと? | 札幌市豊平区 福住整骨院

損傷した半月板を放置していると、痛みや引っ掛かり感、場合によってはロッキングと言い膝の曲げ伸ばしが出来ない状態になることがあり、症状が続くと手術の検討が必要になります。

また損傷状態が良くない場合に、大腿骨や脛骨の関節軟骨の損傷も出現し、変形性膝関節症の誘因にもなります。

福住整骨院での半月板損傷に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

福住整骨院では、どの部分が痛むのか?をしっかりと把握します。

例えば、膝の内側・外側、膝蓋骨(膝のお皿)上部・下部、膝裏などと痛みの箇所を把握します。

膝痛と言っても膝だけが原因とも限りません。

例えば、筋肉や関節の機能低下が原因とします。筋肉は使用しないと次第に衰えていき、衰えてしまった筋肉を他の筋肉で補おうとする身体の働きがあります。関節も同様に曲げ伸ばしが困難になると他の組織にも影響が出てしまいます。なので身体全体を評価する必要があります。

次に、どのような動作で膝が痛むのか?をお聞きします。

運動中や日常生活で痛みが出現する動作をお聞きします。

お聞きした内容をもとに、徒手検査、可動域検査、筋力評価、歩行や荷重時痛、姿勢などを評価し、手技療法、運動療法、電気療法などを含めて施術を行います。

※電気療法では、お身体によって使用してはいけないケースもありますので初検の段階で注意深くお聞きします。また電気療法が苦手な方もご相談ください。

福住整骨院では自宅に帰ってからでも簡単に行えるトレーニングやストレッチングなどもお身体の状態に合わせ指導していきます。

 

▲Page Top