股関節痛

  • 股関節が痛い
  • 立ち上がった際股関節に痛みがある
  • 長時間立ったり歩くことが辛い
  • 靴下が履きにくい
  • 前かがみ姿勢がらく

まず股関節とは、寛骨の寛骨臼と大腿骨の骨頭からなる大きい関節で、寛骨臼と骨頭の表面は軟骨で覆われていて、衝撃吸収動作時の摩擦を減らすという大事な役割をしています。痛みがでるものとして、、、

軟骨が加齢などですり減り、変形や炎症し痛みが出る『変形性股関節症』や

受け皿となる寛骨臼と受け皿にはまる大腿骨頭が浅くなっているなど、股関節が不安定な状態で負荷がかかり痛みが出る『臼蓋形成不全』などがあります。

また股関節の痛みは女性に多く、出産時の負担によるもの・産後のホルモンによる影響や、腰痛からくる腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛など様々な影響で痛みが出ます。

股関節は歩く・階段の昇り降り・正座やしゃがむ姿勢などの動きをスムーズに行えるよう、動きを保ちながら身体を支えています。

人間の体重を支えている分、より強い負担や不安定な状態だと痛み・日常生活の動作に支障をきたしてしまいます。

 

股関節痛が原因で症状を放置してしまうと? | 札幌市豊平区 福住整骨院

症状として股関節痛の痛み機能障害があります。

最初は立ち上がりや歩き始めに少しくらいの痛みだったのが進行すると、強い痛みと安静時痛・夜間痛・股関節が痛いため足を引きずって歩く(跛行)。腰・膝へと痛みが出てしまうことがあります。

また痛くて動かすことが減り、周りの筋肉が緊張状態で正座困難・寝返り動作で痛い・足の爪が切りにくい・台所作業・家事が困難になるなど日常の生活に支障がでることがあります。

動かすことが減ってしまうと筋力が低下してしまいます。動かさない期間が長くなってしまうほど、元の状態に戻すのに時間がかかってしまいます。

 

福住整骨院での股関節痛に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

骨盤矯正を受けている女性のイラスト

まずはあまりにも痛みが強い場合は、早めに医療機関(整形外科)を受診し病院の指示に従い、レントゲンやMRI検査をしていただくことをお勧めします。

福住整骨院ではお身体の状態を把握し、電気療法・温熱療法・運動療法をおこないます。

筋緊張や可動域が低下している所には、ストレッチや手技で柔軟性をだします。

股関節は身体を支えているという大事な役割があり、安定性・再発予防にも筋力トレーニングも行っていきます。

身体を支える上で体幹トレーニングなども取り入れ、1人1人に合った必要なストレッチや筋トレをしていきます。

ご自宅で行えるものもお伝えし、少しでも早く日常生活に支障が出ない身体作りを目指します。

▲Page Top