足関節捻挫

  • スポーツで頻繁に捻る
  • 足首をグルグル動かすと痛い
  • 足首がグラグラしてる感覚がある

足関節とはスネの骨(脛骨・腓骨)と足根骨から構成され、関節周囲には骨だけでなく、筋や靭帯などがあり骨と骨を繋ぎ関節を動かしたり支えたりします。

転倒や着地の際に過度の捻転力が加わった状態で発生するのが足関節捻挫です。その際に靭帯が(部分・完全)に断裂したり、筋の損傷で出血などが発生し腫れてくることが多いです。

足関節捻挫を放置してしまうと… |札幌市豊平区 福住整骨院

【捻挫の分類】として

Ⅰ度・痛みや腫れは軽度 靭帯の微小損傷(伸びた状態)

Ⅱ度・痛みや腫れはあり 靭帯の部分断裂 関節の不安定性はあまり無い

Ⅲ度・痛みや腫れは強い  靭帯の完全断裂 関節不安定性がみられる

 

※場合によっては、靭帯の付く骨が剥がれ剥離骨折など発生することもある。

※捻挫を軽視して放置しておくと、関節に負担がかかり年齢を重ねた際に変形性関節症になることもあります。

福住整骨院での足関節捻挫への施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

福住整骨院では、捻挫に対しての施術は

固定(患部の安静で損傷部位の負担軽減)

物理療法(炎症を抑え、鎮痛効果があります)

関節可動域訓練(固定後、関節が硬くなるので少しずつ動かしていきます)

筋力トレーニング(足関節周囲や股関節など筋力をつけ、再発予防していきます)

などを行っております。

※以前は怪我をした際はRICE処置(安静・冷却・圧迫・挙上)が使われていましたが、現在ではPOLICE処置【保護(Protection)・最適な負荷(Optimal  Loading)・冷却(Ice)・圧迫(Compression)・挙上(Elevation)】と言われいます。

▲Page Top