シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

  • スネの内側に痛みがある
  • スネの内側が腫れている
  • 運動時に痛みがある
  • 健側の足より動かしにくい
  • 患側の足を休ませると症状が落ち着く

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)は、オーバーユース(使い過ぎ)繰り返しのストレスなどによって引き起こされる事があります。

男性にも起こりますが女性の割合が高く、ランニング(特に中長距離)する選手に多い傾向にあります。

ただの筋肉の炎症と思ってはいけません!

鑑別として脛骨の疲労骨折、コンパートメント症候群(循環障害)の可能性も否定できませんので症状が出現しましたらお早めに医療機関等を受診し、画像検査等も含めオススメいたします。

 

シンスプリントを放置してしまうと? l 札幌市豊平区 福住整骨院

初期段階では、トレーニング開始時に痛みを感じ、トレーニングを継続していると徐々に痛みが緩和され、休むと軽快する場合がありますが、進行に伴い日常生活や安静時でも痛みが出現する事があります。

またシンスプリントにより身体の使い方が悪くなると、他の部位にも影響が生じてしまう恐れもあります。

ご自身の身体をしっかり把握する事が福住整骨院では重要と考えております。

 

福住整骨院でのシンスプリントに対する施術 l 札幌市豊平区 福住整骨院

初めに、シンスプリントはなぜ起きてしまうのかをご自身で理解する事が必要と考えております。

シンスプリントの受傷要因として

身体的要因下肢のアライメント異常、足部や足趾などの可動域制限、下腿周辺の筋肉の機能不全など

トレーニング的要因トレーニングの時間、強度、回数、頻度、ストレッチ不足など

環境的要因足に合わないランニングシューズ、硬い路面での走行など

急性期の場合は、患部の安静や冷却、物理療法、テーピング、患部外のストレッチまたはトレーニングなどを行います。

痛めてから少し時間が経過してしまった場合は、患部の状態はもちろんですが姿勢動作を分析し施術を行います。

 

▲Page Top