脊柱管狭窄症

  • 足のしびれや腰を反らすとしびれが増す
  • 歩いて休んでの繰り返し
  • 歩くときにふらつく、つまずく
  • 前かがみで楽になる
  • 自転車は平気

脊柱管とは一般的に背骨と言われる部分にあり、頚椎7個・胸椎12個・腰椎5個・仙骨から構成されます。その背骨の後方に椎孔(ついこう)と呼ばれる穴があり、頭から腰にかけてトンネル状になっているのが脊柱管と言い、その中を脊髄が通ります。

加齢により椎骨や靭帯が変形・変性し椎孔が狭くなると神経を圧迫し、しびれなどの症状が発生します。

脊柱管狭窄症は中高年、腰椎椎間板ヘルニアは若者に発生しやすいです。

 

脊柱管狭窄症を放置してしまうと? | 札幌市豊平区 福住整骨院

脊柱管狭窄症を放置していると、足に力が入りづらくなってしまったり、歩行困難になることがあります

症状としては、200mほど歩くと足がしびれてきて前かがみで休憩すると楽で少し休むと再び歩けるようになる。間欠性跛行

前傾の姿勢でずっといると腰だけでなく膝や足首などほかの部分にも負荷がかかり痛みを誘発することもあります。

また自転車は腰をかがめた状態になるので平気とも言われています。

 

神経圧迫がひどく強い場合だと脊柱管を広げ、椎骨を安定させるために金属固定をする手術が必要になることがあります。

福住整骨院での脊柱管狭窄症に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

福住整骨院では、徒手検査等で症状を確認させていただいてから、しびれや負担の掛かっている部位にしびれや鎮痛改善を目的とした物理療法や柔軟性や関節可動域を広げ負担を軽減するために運動療法を行っています。

 

また、閉そく性動脈硬化症にも似た症状が出現することもあるが足部の冷えなどほかの症状がないか観察もしていきます。

 

▲Page Top