梨状筋症候群

  • お尻から太ももの裏にかけて痛い
  • お尻から足にかけて痺れがある
  • 長時間座っていられない
  • 胡坐をかくと痛い
  • 中腰になると痛い

梨状筋症候群とは、「梨状筋」という筋肉が硬くなったり、引き伸ばされたりすることで、その下を通っている坐骨神経や殿部の神経を圧迫してお尻や太もも裏にかけて痺れが出現する疾患です。長く座っていると症状は強くなり、歩くと楽になることもあります。

梨状筋は複雑な股関節の動き(回旋運動)に関与している筋肉です。草むしりなどの中腰やゴルフなどのスポーツ、長時間の運転など梨状筋に負担のかかるようなことで症状は起こりやすいです。

 

梨状筋症候群を放置してしまうと? | 札幌市豊平区 福住整骨院

梨状筋症候群は痛みや痺れ症状だけでなく、放置したままにすると下肢の感覚麻痺や運動神経の麻痺にもつながる恐れがあるため治療すべきです。症状が進行していくにつれて難治性となるため、お仕事に支障が出る場合や、プライベートや趣味、スポーツなどで常に症状を我慢して過ごす事になります。

症状が進行してから治療を開始し改善が見られない場合は、手術の適応になる場合もありますので、そうなる前に治療を開始することをお勧めします。

福住整骨院での梨状筋症候群に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

梨状筋症候群は保存療法により改善される場合が多く、梨状筋ストレッチが有効です。ただし、椎間板ヘルニアと似た症状なため、しっかりと検査を行わないと間違った処置をしてしまい改善が見込まれません。

福住整骨院では、類似疾患の鑑別を徒手検査にて行い、痛みが出現する部位を特定し、お身体の状態に合わせ手技療法、運動療法、電気療法などを行います。

▲Page Top