慢性腰痛

腰の痛みイラスト

  • 腰全体に疲労感や重だるさがある
  • 長時間の同じ姿勢で痛みがでる
  • 運動後にだるさがでる
  • 起床時に痛みが強く、動かすと痛みが和らぐ
  • 椅子から立ち上がる時に腰が痛む

「慢性腰痛」の定義として、発症からの期間が3か月以上経過した状態の事を言います。

初検時における腰痛患者の85%が非特異的腰痛とあるように、原因となる疾患や病態が認められず「いわゆる腰痛」とされることがあります。

腰が痛い

要因としては、筋疲労や不良姿勢などに起因すると考えられ柔軟性の低下や筋肉の不足、同一動作の反復などが考えられます。また、過去の腰痛の既往や運動不足、肥満、喫煙なども要因の一つとなります。

慢性腰痛を放置してしまうと…? | 札幌市豊平区 福住整骨院

慢性腰痛を放置してしまうと、日々の生活の質を下げてしまいます。

慢性腰痛は放置した状でも自然と痛みが軽減することもありますが

根本的な原因が解決されなければ再発してしまいます。

また、慢性腰痛だけでなく、首・肩・背部・股関節・膝・足などと様々な部位にも症状として出現することがあります。

福住整骨院での慢性腰痛に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

慢性腰痛は、外用薬をして経過を図る方や放置して自然回復を図る方も多いと思います。

福住整骨院では、注意深く身体検査を行います。

日々のお声の中に慢性的だから…」「昔から腰痛…などとよくお聞きしますが、その腰痛がなぜ発症してしまうのかを一緒に考え探しだし、解決に向かうことが福住整骨院では重要だと考えています。

                      丁寧なヒアリング

お身体の状態を十分に把握し、手技療法・運動療法・電気療法などを行います。

※電気療法ではお身体によっては使用してはいけないケースもありますので、初検の段階で注意深くお聞きします。また電気療法が苦手な方もご相談ください。

慢性腰痛に対する運動療法はとても効果が高いです。

女性施術者

人間は、痛みが出現すると、本能的にかばったり、自然と手を添えたりする傾向にあります。

これを「疼痛緩和肢位」と言います。悪いことではないですが、痛みが出現しないように動く事を避けてしまうと、筋肉や関節を委縮させる原因となり、状態をさらに悪化させてしまうこともあります。規則正しい運動は痛みを取り除くのに役立ちます。

福住整骨院では、道内では珍しい「深部整体」を行っています。慢性腰痛に対する施術としても有効な手技療法です。

 

▲Page Top