膝痛

  • 膝がこわばる、つっぱり感がある
  • 正座ができない
  • 階段の昇り降りで膝が痛くなる
  • 膝の曲げ伸ばしがしにくい
  • 歩くと不安定な感じがする

膝の疾患には様々な原因が考えられます。

・スポーツ外傷

・靭帯や半月板の損傷

・関節の炎症や変形

・その他(腫瘍、脱臼、骨折など)

膝痛の要因とは?| 札幌市豊平区 福住整骨院

膝を支える周囲の筋肉が弱くなったり、関節軟骨の摩耗、スポーツによる過度な負荷や蓄積、筋肉の柔軟性低下、歩行や荷重時の膝への伝わり方、反復動作による疲労、仕事などで膝に負担のかかる姿勢などが要因であると福住整骨院では考えています。

また、スポーツによる繰り返しの外力も膝痛の要因となりますが、運動不足も膝痛を引き起こす要因となります。理由としては、筋肉や関節の機能低下が考えられます。

膝痛を放置してしまうと…? | 札幌市豊平区 福住整骨院

膝痛を放置してしまうと、痛み、腫れ、可動域制限のほかに関節軟骨の摩耗などにより関節変形(変形性膝関節症)をきたすこともあります。

痛みが徐々に増すと、膝だけでなく足首、腰、股関節など様々な部位に症状が出現し身体に不具合が生じることもあります。

症状の進行により、日常生活でも不便をきたし歩行困難や寝たきりとなることもありますので十分な注意が必要となります。

福住整骨院での膝痛に対する施術 |  札幌市豊平区 福住整骨院

福住整骨院では、症状や主訴に合わせ徒手検査を行います。

                      女性施術者の写真

福住整骨院では、どの部分が痛むのか?をしっかりと把握します。

例えば、膝の内側・外側、膝蓋骨(膝のお皿)上部・下部、膝裏などと痛みの箇所を把握します。

膝痛と言っても膝だけが原因とも限りません。

例えば、筋肉や関節の機能低下が原因とします。筋肉は使用しないと次第に衰えていき、衰えてしまった筋肉を他の筋肉で補おうとする身体の働きがあります。関節も同様に曲げ伸ばしが困難になると他の組織にも影響が出てしまいます。なので身体全体を評価する必要があります。

次に、どのような動作で膝が痛むのか?をお聞きします。

運動中や日常生活で痛みが出現する動作をお聞きします。

お聞きした内容をもとに、徒手検査、可動域検査、筋力評価、歩行や荷重時痛、姿勢などを評価し、手技療法、運動療法、電気療法などを含めて施術を行います。

※電気療法では、お身体によって使用してはいけないケースもありますので初検の段階で注意深くお聞きします。また電気療法が苦手な方もご相談ください。

福住整骨院では自宅に帰ってからでも簡単に行えるトレーニングやストレッチングなどもお身体の状態に合わせ指導していきます。

▲Page Top