産後骨盤矯正

  • 肩こりがある
  • 腰痛がある
  • 出産後からの便秘、尿漏れが気になる
  • ぽっこりお腹が気になる
  • イライラ、不眠、肌荒れがある

なぜ産後骨盤矯正が必要なのか? | 札幌市豊平区 福住整骨院

【歪んでしまった骨盤が、身体の不調を引き起こします】

妊娠中のお母さんの身体には、赤ちゃんがスムーズに出てこられる様にするため、リラキシンというホルモンが多く分泌されます。リラキシンには、関節や靭帯を弛緩させる作用があり、その作用によって骨盤が開いてきます。出産が終わった後も、リラキシンの作用で骨盤の関節や靭帯はしばらくの間弛緩した状態となり骨盤に歪みが生じてきます。

それからお母さんの子育てが始まります。慣れない動作や作業、緊張感によって骨盤は歪んだ状態ですが、身体は間違った認識のままでいようとします。そのため、肩こりや腰痛を引き起こします。骨盤を本来の位置に戻すための補助として、少しでも早めの産後骨盤矯正をオススメしています。

妊娠中に分泌されていたホルモンは、出産後は急激に減少します。

出産後、出産をスムーズにするためのリラキシン(子宮弛緩因子)が減少すると、エストロゲンというホルモンが優位に身体に作用します。女性ホルモンのエストロゲンには、満腹中枢を刺激して食欲を抑える働きや脂肪の代謝を良くする働きがありますので、このホルモンの分泌が減ると暴食になり、太りやすくなります。また、イライラ、不眠、肌荒れなどが生じる原因になります。

便秘のお話し

便秘の定義として「3日以上、便が出ていない状態。または、毎日排便があっても、残便感がある状態」ですが、昨今、日数などに関係なく「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」も便秘と言われるようになりました。つまり、快便と思えなかったら、何らかのケアをするタイミングということです。

女性が便秘になると、停滞した便が子宮や骨盤底筋、膀胱を圧迫することがあります。すると関節的に子宮復古や骨盤底筋の回復を妨げ、尿漏れやぽっこりお腹の原因となります。

福住整骨院での産後骨盤矯正の施術方法には、内臓にアプローチする手技もありますので症状に合わせた施術を行います。

                      

産後骨盤矯正を受ける目安は? |  札幌市豊平区 福住整骨院

福住整骨院で産後骨盤矯正の施術を受ける目安は

産後2ヶ月(帝王切開の場合は3ヶ月)から半年ぐらいが目安です。

目安の理由は、分娩後6〜8週間で産褥期に入ります。産褥期は妊娠・分娩で変化した身体が妊娠前の状態に戻るまでの期間ですので

福住整骨院では、産後2ヶ月(帝王切開の場合は3ヶ月)からの産後骨盤矯正を推奨しています。

また、出産から半年経過した状態でも、産後骨盤矯正の施術は可能です。

産後骨盤の歪みを放っておくとどうなるのか? | 札幌市豊平区 福住整骨院

産後骨盤の歪みを放っておくと肩こりや腰痛等が再発を繰り返し慢性的な症状になってしまいます。

また産前の体型、体重に戻らない、出産後からの尿漏れや便秘の原因になります。

骨盤が開いた状態だと、内臓が下に落ちていくスペースができます。

内臓が下に落ちていくと子宮を圧迫します。

子宮を圧迫すると、卵巣から出るエストロゲンというホルモンが出にくくなり

暴食、イライラ、不眠、肌荒れの原因になります。

福住整骨院での産後骨盤矯正に対する施術 | 札幌市豊平区 福住整骨院

福住整骨院の産後骨盤矯正は、ボキボキしないソフトな施術です。

治療器具は一切使わず、産後の身体に負担のかからないように施術していきます。骨盤周囲の筋肉や下肢の筋肉にアプローチし、その後、骨盤の歪みに対し施術を行います。

施術(通院)期間としては、週1〜2回を目安にご来院ください。

※個人差がありますので施術(通院)期間は異なる場合がございます。

▲Page Top